categoryスポンサー広告

    スポンサーサイト

    trackback--  comment--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    categoryゲストハウスづくり

    収納式調理台

    trackback0  comment0
    今日は、調理台をつけました。
    収納式です。
    DSCF9386.jpg

    DSCF9383.jpg DSCF9384.jpg
    下の写真が足の部分の写真です。
    蝶板で観音開きにしました。
    すると収納できる足になります。
    DSCF9381.jpg

    DSCF9366.jpg
    調理代の天板を作ってるところ、作業はウッドデッキでするようになりました。
    DSCF9369.jpg
    煙突の部材が足りなかった所を付け足しました。
    煙突を壁に固定する金具です。
    これで、煙突もしっかりしました。
    薪ストーブは、暑いぐらいです。
    2階は、夏のようです。
    スポンサーサイト
    categoryゲストハウスづくり

    モロッコの棚作り

    trackback0  comment0
    今日は、モロッコに行った時によく見かけて気に入っていた棚を作りました

    DSCF9353.jpg

    まずは、棚のパーツの型紙をそれぞれ左右対象になるように作って木に写し取ります。
    輪郭を写した木をジグソーで細かい模様まで線に沿ってくり抜いていきます。
    パーツを切り抜けたら表面や角を磨いて、糊付けして、ビスで留めて組み立てます。

    DSCF9340.jpg

    モロッコで見た棚は、装飾が鮮やかで細かくて
    イスラム圏特有の文様が筆で細かく何色も使って描かれていました。
    今回の棚は、アップルグリーンとグリーン、黒、白のペンキを混ぜた色を全面に塗ることにしました。
    前回和歌山で作った同じような棚は、真っ赤に塗って、友達が点描で鳥や葉っぱの絵を描いてくれました。
    今回はシンプルに色を塗っただけ、てっぺんの部分に
    モロッコから持って帰ってきた加治屋さん手作りの星の模様の飾りを付けるかだけ迷っています。

    DSCF9346.jpg

    全体に色が塗れたらキッチンの壁に取り付けました。
    マグカップやコップ入れとして使う予定です。

    DSCF9349.jpg

    モロッコのスタイルの家具は、棚のほかにも机や椅子、ドアや窓なんかもすごく凝っていて素敵で
    参考にして色々作ってみようと思って専門雑誌を何冊か持ち帰ったので
    またその内母屋用に作ってみたいと思っています。
    特にドアはすごーくお勧めです


    今日は、ご近所さんがケーキを持って遊びに来てくれて、すごく楽しいお茶もしました。
    もう、うちは二人ともご近所さんが大好きすぎて、本当にここに土地を買ってよかったと思っています。
    みんな大体同時期の2年前くらいに土地を買ったんですが、
    うちの周りのご近所さんは本当にみんながみんな揃って最高です
    でもご近所さんもよく、“ここは何よりご近所さんが最高だよね、こんな所探しても無いよね”
    って言っているので、本当に運よく相性のいい人たちが集まれて幸運だったなぁって思っています。
    いつも優しくしてくれるみんなに毎日大感謝です



    昨日の夜は、たいちがコットンの手提げ袋に絵を描いていました。
    夏の終わり頃からプレゼントしてくれるって言って同じ布に少しづつ描き足していて、
    昨日は、“高知の海を背景に葉っぱのサーフボードの上でフラを踊るデッドベア”を描いていました

    DSCF9331.jpg

    塗料は、アサヒペンが出している布用絵の具です。
    裏面には、前に描いたとんがり山と家、
    踊るデッドベアと“Sweet Home Mt, Tongari”って描いてあります。
    きよかはたいちの絵のビッグファンなので、早く完成してプレゼントして貰うのが楽しみです


    明日は午後から雨の予報なので、キッチンと薪ストーブの煙突の作業をしようかなって思っています。
    久しぶりの雨なので、畑の野菜とお花には恵みの雨です。

    みんなも素敵な一日を過ごしてくださいね
    category

    レンガの階段作り

    trackback0  comment0
    今日は、朝日を浴びながら起きたらきよかのお母さんが既に
    昨日作った段々畑に白菜の苗を植えてくれていました

    お隣さんが、“白菜、間引いて勝手に移植していいからね”って言ってくれていたので
    朝日を浴びながら、犬と一緒に土いじりしてくれてたそうです。
    早起きと行動力、美味しいお料理に根気強さ、少しでも見習って近づきたいところだらけです・・・


    今日は、昨日作った段々畑の横に下の段に降りる階段を作りました。

    DSCF9317.jpg

    まずは、山の斜面にスコップとツルハシで階段を三段分削って掘っていきます。

    DSCF9263.jpg

    そこに、以前ご近所さんの家の竈を解体したときに頂いていたレンガを
    一輪車で運んできて綺麗に配置して並べていきました。
    レンガとレンガの隙間には土を運んできて入れました。

    DSCF9324.jpg   DSCF9315.jpg

    一番下の段には、山から出た大きな石を二つと小さな石をいくつか並べました。
    大きな石二つは、全く違う所から出てきたのにきっちり凸凹がかみ合う
    前世は恋人同士だっただろう相性バッチリの石です。
    この石に座って、朝日や焚き火を眺められるように配置しました。

    下の写真は、左側に以前作った段々畑の一段目、真ん中の方に昨日作った段々畑の二段目、
    右手前に今日作ったレンガの階段の写真です。

    DSCF9328.jpg

    中々急だった山の斜面が、味のある段々畑とレンガの階段になって、
    また家に好きな風景が増えて嬉しいです。

    でも、まだレンガは置いているだけなので、崩れないようにその内モルタルで固めようと思っています。


    午後からは、きよかのお母さんがご馳走を作ってくれました。
    焚き立て御飯に唐揚げ、さつまいもと茄子、イカの天ぷら、
    カブの葉と厚揚げの煮びたしにダシ巻き卵、畑で採れた水菜とレタス、それにパプリカのサラダ・・・。
    もう、最高に美味
    来てくれた三日間で、二週間分以上のご馳走を食べさせてもらいました。

    本当にいつも素敵な時間と御飯、強力助っ人をありがとうございます。
    また、すぐに来てくださいね

    DSCF9187.jpg

    上の写真は、たいちにお土産に持ってきてくれたビールと
    たいちの一番の好物おでんと一緒に記念撮影です。
    手前には、おでんを狙って愛犬二匹の背中も見えます。


    明日の作業は、中断していたキッチンの仕上げを再開です。
    明日も朝日にパワーをもらって頑張ります
    category

    段々畑 2段目

    trackback0  comment2
    日の出とともに起きました
    最近、秋や冬の時期は海から日が昇ることがわかりました。
    夏の間は山から昇るんですが、きっと見れるよってお隣さんに教えてもらいました。
    海からの朝日はすっごく綺麗です。
    海に真っ赤なラインが入ります。
    朝日を浴びた日はパワー全開、作業もはかどります。


    今日は、土いじり名人のきよかのお母さんが来てくれているので
    だんだんできていく段々畑の2段目を作りました。
    みんな一生懸命に土いじり
    土を一輪車で運んできたり、土をならしながら小石を取ったりしました。
    なんと、昼過ぎには完成!!
    びっくりしました。
    体は、フル回転でした。つかれたぁぁ。

    DSCF9259.jpg

    うちの土地には檜が植林されている部分があります。
    人の手によって植えられたものなので、驚くほど綺麗に一列になって生えています。
    木の下には、檜一本一本を大きくするために、
    植林の過程で枝打ちや間引きされた大きな立派な檜がゴロゴロ転がっています。
    何冬分も、焚き物の薪には困りそうにありません。
    薪の蓄えは財産みたいなものだと思っているので、すごーく心が豊かになります

    段々畑を作るには、この檜林と転がっている枝たちを利用しました。

    まずは、落ちている枝をちょうど生えている檜二本の間の長さに切って
    二本の間に下の方から積み上げていきます。

    DSCF9225.jpg   DSCF9220.jpg

    次に、この木の柵に土を掘る過程で集めておいた石を積み上げていきます。

    DSCF9244.jpg

    最後に、木と石とで作った土留めに土を運び入れたら完成です。

    DSCF9236.jpg

    一輪車で何十往復も土を運びに山を登りました。

    石垣にも挑戦、中々面白くて石集めがこれから楽しくなりそうです。

    DSCF9281.jpg   DSCF9280.jpg

    石垣の方の畑には、チューリップをたくさんと頂いていたマンジュシャゲのピンクの球根を植えました。
    木と石の垣の方の畑には、スナップエンドウを2種類とスズラン水仙を植えました。

    土木作業中の癒しの光景です。
    畑の畝が抱き枕です。

    DSCF9254.jpg   

    大尊敬しているお隣さんです。
    セルフビルドです!!すごいですよ。
    生の丸太をトラック一台分買って、それをチェーンソーで製材しながら作っています。
    材がすごくしっかりしていて、すごく重たいそうです。
    しかも立派な木が格安で使えるみたいです。

    お隣さんは、いつもすごーくお世話になっています。
    一番は、やっぱり一緒にお話ができて、直に現場の状況が見れて、すごく参考になることかなぁ。
    あと、手作り野菜もいっぱい頂くのですが、すっごく美味しいです。

    DSCF9288.jpg

    レベルもしっかり出ていて立派な布基礎がうらやましいです。
    今は、眺めが抜群な所にお風呂とウッドデッキを製作中です。
    最高のお風呂ができると思います。
    楽しみです!!!


    今日も、みんな良く頑張りました!!
    お疲れ様です。

    categoryゲストハウスづくり

    薪ストーブに火を入れました。

    trackback0  comment0
    今日も作業進みましたよ!!
    薪ストーブの設置をしました。
    高知も夜は、寒くなってきました。
    薪ストーブは、両親が、僕が小学生の時から使っているやつを貰ってきました。
    中の鉄が燃え朽ちてたりしてましたが、まだまだバリバリいけそうです。

    DSCF9194.jpg
    DSCF9171.jpg DSCF9198.jpg DSCF9200.jpg
    まず、ストーブを置く台を作りました。
    石膏ボードを買ってきて下に引きました。枠は、木です。
    ストーブの足は、レンガに乗せて少し高さもだしました。
    それから、煙突を繋ぎ合わせました。
    そして、煙突の出し口ですが、壁を改造するのはめんどくさそうだし、防熱対策も心配だったので、
    窓を一つ煙突用に変えました。
    これも、石膏ボードに木枠をはめて、窓と取り替えました。
    DSCF9149.jpg DSCF9152.jpg DSCF9160.jpg
    下は、新品の煙突の中です。レンガも買ってきました。
    makitaの工具は、溝きりです。大活躍です。
    窓のガラスをはめる溝とかが、すぐできます。
    今日は、石膏ボードの厚みの溝を彫りました。
    なんとプロ使用で2万円!!
    DSCF9159.jpg DSCF9155.jpg DSCF9152.jpg
    ツリーのパン。キヨカのおかぁさんが手作りです。
    できたてを香川から届けてくれました。
    チョコパンもいっぱい。カレーパンも!!
    DSCF9179.jpg
    DSCF9177.jpg
    今日も一日、頑張った甲斐がありました。
    薪ストーブいいです。
    New «‡Top» Old
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。