categoryスポンサー広告

    スポンサーサイト

    trackback--  comment--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    categoryゲストハウスづくり

    ロフトの手すり完成!

    trackback0  comment0
    朝、起きると雪が木々に積もっていて、一面真っ白の雪景色でした。
    嬉しくて、ベッドの上でゴロゴロ転がって全部の窓から景色を眺めました。
    我が家で初めての雪景色です。

    うちは、常緑の木がほとんどなので、秋、冬もあんまり景色が変わりません。
    今日は一味違う景色が見れました。
    葉っぱの上に乗っかっている雪がとても綺麗でした。


    今日は、昨日に引き続きロフトの手すりを作りました。

    まずは、パーツを全て別個に作っていきます。
    今回は、ポール用の円柱型の木に手すり部分の2×6、
    以前ご近所さんの家を解体したときにもらっていた古材です。
    今回は、ビスやボルトで固定するのではなくて、全て凸凹を噛みあわせて固定することにしたので、
    床や手すり、全てのパーツにドリルやノミで穴を開けていきます。

    DSCF0250_20110131211647.jpg

    下準備ができたら、カナヅチで順番に組み立てていきます。

    DSCF0246.jpg   DSCF0259_20110131205022.jpg


    DSCF0254_20110131205023.jpg

    全部きっちり組み終わったら完成です!!
    今日からは、寝返りを打ってもロフトから落ちる心配がなくなりました。

    写真左奥に見える支えの柱は、使いたかった太い円柱型の木が短いものしかなかったので
    持っていた木製の丸いキャンドルホルダーと他の支え部分に使ったポールとを合わせて作りました。
    本当は丸い部分は上下に2つ使う予定だったけど、下の部分は失敗してしまったので
    作り直して上の一つだけになりました。


    今日は、課題がもう一つ。
    今日は寒すぎて、午前中は水道が凍って使えませんでした。
    うちは沢水を125㎥くらいのタンクに貯めて近所の5件くらいで使っているんですが、
    今日は外気が冷たすぎて水道管が凍ってしまいました。
    母屋を作るときには、自家水タンクも作りたいと思っていたので
    具体的にどう作るかもそろそろ知識を集めたり、方法を考えていこうと思います。
    スポンサーサイト
    categoryゲストハウスづくり

    ロフトの手すり作り

    trackback0  comment0
    昨日の夜、香川から高知の家に帰ってきました。

    途中、友達の家に寄って石鎚山の近くの凍った滝を見せてもらったり、
    ご夫婦で手作りしている森の中のログハウスに泊まらせてもらったり、すごく楽しい道中でした。
    自分の土地に生えている杉を自分で製材して家を建てて、
    母屋にゲスト用の東屋、鶏小屋にお風呂にトイレ、
    広い森の中にすごくたくさんの手作りの建物が建っていて、
    野鳥も手の上に御飯を食べに来るくらい慣れていて、それはそれは素敵な空間でした。
    囲炉裏を囲んでご馳走を食べさせてもらって、お酒を飲んで色んな話をして…、
    すごくゆったりとした幸せな時間でした。

    今朝は、この家はほんとに温いなぁと思いながら、起きました。
    昨日の夜も家に着いたとき、外は雪が舞っていて氷点下なのに
    三週間ぶりに帰った家の中は8度もあってびっくりしました。
    温度計が狂ってるのかと思って別の温度計も確認してしまいました。

    今日は、昼ぐらいからすごく寒くなって、雪も降り始めました。
    雪景色!!
    すごく綺麗です。
    家に雪が積もって欲しいなぁと思ってた矢先ですごくワクワクしました。

    DSCF0230.jpg

    今日は、ロフトの手すりを作り始めました。
    また、少し雰囲気が変わって良くなりました。
    安心感もでるし、区切ることで少し家も広く、天井がより高くなった感じがします。

    DSCF0209.jpg DSCF0217.jpg DSCF0221.jpg

    右の写真のネコバスは、香川で大工仕事をしていたときに
    きよかのお母さんが好きな物を何でも一つプレゼントしてくれるって言ってくれて頂いたものです。
    大きなショッピングモールを一日中歩き回って探して、
    一番欲しかったのがこのネコバスの蚊取り線香入れでした。
    きよかは、家の写真集を買ってもらっていました。
    これからずっと大切にします。

    今日は、散歩に行ったときに、きよかがミミヅクを発見しました。
    野鳥もたくさん遊びに来てくれるし、前に付けた巣箱には
    キツツキのコゲラが熱心に下見をしてくれていました。
    うちも野鳥が手から御飯を食べてれるくらい慣れてくれたらいいなって思います。
    ゆっくり信頼関係を築いていきたいと思います。
    categoryゲストハウスづくり

    trackback0  comment0
    無事に完成!!。
    ハンモックを取り付けれるように、金具もつけました。
    この屋根だけで自立させてるのですが、ハンモックで揺れてみても大丈夫でした。
    絶対グラグラするだろうと思っていたので、すごく嬉しかったです。
    大成功。
    屋根材は、足場板の片面だけをグラインダーで磨きました。
    やっぱり磨いたほうが、断然美しいです。
    DSCF0158.jpg
    DSCF0159.jpg
    明日から、高知に帰ります。
    categoryゲストハウスづくり

    日差し

    trackback0  comment0
    日差しがやっと形になってきました。現場は、清華の両親の住まいです。
    屋根を作るだけだから簡単と思ってましたが、中々うまくいかず試行錯誤の連続でした。
    やっぱり、基礎が大事ですね。
    ハンモックも吊るせるように丈夫に揺れないように作ろうとしましたが、
    簡単な独立基礎だと基礎ごとグラグラと動いてしまいます。
    難しいなぁ。勉強になります。

    DSCF0122.jpg
    DSCF0120.jpg DSCF0128.jpg

    categoryゲストハウスづくり

    薪ストーブ祝火入れ!!

    trackback0  comment0
    薪ストーブついに火を入れまいした。
    やっぱりこの温さは、一味違いますね。

    新品の薪ストーブは、はじめストーブ本体が焼ける嫌なにおいがします。
    ので、今日はまだまだ本領は、発揮していません。
    明日は、一日休憩をもらってゆっくり薪ストーブを燃やしてみたいと思っています。

    DSCF0095.jpg
    ほんとにうまく出来上がりました。
    煙の抜けも上々です。
    炉台と煙突工事は、3日で仕上がりました。
    週末すごく寒くなるという予報があったので、急ピッチでやりました。
    清華が家の中の炉台を作って、僕が煙突の通り道を作りました。
    ナイスコンビプレーでした。MVPは、炉台作りの清華さんでした。
    DSCF0110.jpg DSCF0103_20110116225318.jpg DSCF0089.jpg
    煙突は、2箇所切断して帳尻を合わせました。
    煙突は、全部でまっすぐが5本とエルボが2個と先っぽが一つでした。
    DSCF0080.jpg DSCF0085.jpg

    次は、引き続き香川で庭のひさし作りを再開します。
    New «‡Top» Old
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。