categoryスポンサー広告

    スポンサーサイト

    trackback--  comment--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    category日記

    200000キロ

    trackback0  comment0
    イケアに行って来ました。
    大当たり!!いっぱい買いました。
    陶器のシンクが5個。シンクばっかり買いすぎなんですが、買わずには居られませんでした。
    それからたぶんバナナの葉っぱで編みこんであるひょっこりひょうたん島みたいな椅子も半額で、
    2000円でした!!欲しかったんで嬉しかったです。イェィ。

    DSCF3846.jpg

    今日の3時20分、とんニャリ亀号が200000キロ突破しました。
    DSCF3865.jpg
    2005年から僕達と一緒に旅しています。買った当初は、9万キロぐらいでした。
    日産キャラバン・スーパーロング・ハイルーフ・ミッション・パートタイム4WDです。
    本当に大活躍で、感謝感謝です。
    キャンピングカーもこなし、家を建てるときの資材の運搬もバッチリしてくれています。
    近々、タイヤを交換してあげないとなぁ思っています。
    スポンサーサイト
    category日記

    震災ボランティアへGO!!!

    trackback0  comment3
    8日から12日まで震災ボランティアに行って来ました。

    DSCF3643.jpg

    東北、行き先は気仙沼の本吉、宮城県でした。
    岩手県の一関まで新幹線で行き、その先はみんなでタクシーに相乗りして
    本吉のボランティア村に辿り着きました。

    ボランティアでお伺いさせてもらった家々は、どこも海のすぐ側でした。
    僕が訪れた日は、きれいで穏やかな海でしたが、
    海岸線沿いは津波によって、恐ろしいほど削り取られていました。

    下の写真の場所は、田んぼの真ん中に道があり松林の防風林があり、
    さらに砂浜があった場所だそうです。

    DSCF3678.jpg

    下の写真は上の写真の続きで、
    こちらは地盤沈下により建物が海の中に立っているみたいになっていました。
    こちらも海側に防風林があり砂浜があったそうです。

    どちらの写真も、海岸線が何百メートルも津波で削られて手前に変わってしまっていました。
    DSCF3677.jpg


    下の写真は、JRの線路跡です。
    先の方にトンネルがあります。
    海沿いの路線は、まだまだ時間がかかるし、今後も同じ場所に作ることは難しそうです。

    DSCF3673.jpg

    最後の日、気仙沼の中心街を歩きました。

    DSCF3695.jpg

    ここも津波の被害を受けていましたが、
    酒屋さんやかまぼこ屋さんなどが頑張ってお店を開けて営業をしていました。
    気仙沼の冷酒がすごくまろやかで美味しかったので、応援もしたくてお土産に買いました。


    今回、震災ボランティアという形で宮城県の海沿いまで足を運んだんですが、
    徒歩の移動中に“乗せていってあげるよ”って車に乗せてくれたり、
    お魚屋さんの主人が“美味しいから食べな”っておまけをしてくれたり、
    瓦礫撤去の現場で味噌汁や漬物を出してくれたり、
    みなさんすごく心温かく接してくれました。
    本当に東北に来られて良かったなぁと思いました。
    日本の良い所をまた発見した思いです。
    また、絶対来ようと思いました。

    沿岸部の状況は、まだまだ瓦礫の撤去作業が続いています。
    気仙沼も南三陸も、津波の直後なんじゃないかって思うほど何も無くなった荒野に
    家や車が無造作に転がっている状態でした。

    みんな、ぜひ東北に足を運んでもらいたいなって思っています。
    地元の方たちは本当に心が温かくて、
    被災地はまだまだ非日常的で色んなことや物が足りていませんでした。

    僕たちもまた絶対に何回も東北に行きたいと思います。
    お手伝いにも行きたいし、元気になった東北にまたお礼にも行きたいと思います。

    みんな、ぜひ一緒に行きましょう!
    New «‡Top‡» Old
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。